定食

定食

豚丼うめえなあ。「元祖豚丼屋TONTON大宮店」さん

甘辛香ばし香りと豚の脂の香りが混ざりご飯がすすむやつだ。肉質も柔らかくガツガツいただけてしまう。「元祖豚丼屋TONTON大宮店」さん。
群馬県

なんか好きなんだよねここの唐揚げ群馬のソウルフード!?「登利平本店」さん

片栗粉のサクサク感と中からは肉汁とともに柔らかな鶏モモ肉が出現する。マヨネーズも言えば出してもらえるがここではなぜか使用しない。マイベストな唐揚げに納得、ちなみにお土産にお弁当と焼き鳥の持ち帰りもできる。「登利平本店」さん。
町食堂

まだまだ現役昭和レトロな町食堂「山下食堂」さん

生姜焼き定食。高齢の店主さんが中華鍋を振り作り上げていきます。まったく化学調味料てきな攻撃的な味ではなく、どこかホットするような優しい味付け。「山下食堂」さん。
町食堂

昼時の定食メニューもたくさんある。「おおはし」さん

サクッとという感じではなくややもっさりとしたタイプだが肉は肉汁とともに柔らかい。美味しくいただける唐揚げだ。「おおはし」さん。
町食堂

居酒屋仕様な唐揚げで腹いっぱいになるランチの定食だ。「にい家」さん

居酒屋仕様な唐揚げでちょっとスパイシーだがカリッとサクッと中は肉汁たっぷりで柔らかい。腹いっぱいになるランチの定食だ。「にい家」さん。
町食堂

普通に旨いが大事だったりするんだよね。「秀子」さん

表面はカリッとサクッと中からは肉汁と柔らかい肉。ごはんがすすむ普通に旨い唐揚げ。食堂なんかでは普通に旨いが大事だったりするんだよね。「秀子」さん。
町食堂

お値段以上なランチメニューたち「ごはん家遊季の蔵」さん

お昼のランチ定食は、715円、880円、1100円といった感じに料金で内容が変わる。お約束の唐揚げ定食715円。やや大きめの唐揚げが5個。お値段的にはリーズナブルかもしれない。「ごはん家遊季の蔵」さん。
町食堂

懐かしい昭和の町定食、やさしくホッコリする味付けの「ふじのや食堂」さん

鯖味噌煮定食。きちんと丁寧に煮込んであり人工的な味はしない。やさしくホッコリする味付けだ。チェーン店ばかりになりそうな飲食業界だが、こういうお店はいつまでも残っていた欲しいものだ。「ふじのや食堂」さん。
町食堂

独特な脂感な唐揚げ定食「上州」さん

唐揚げは外はカリッと中は柔らかな食感。どこか独特な味がする唐揚げだ。連れのカキフライも一粒いただいてこの違和感がちょっと分かった。独特なのは脂だった。忘年会や新年会、いろいろな会合のための町の食堂。「上州」さん。
定食

めめめめめの先は癒しの空間だった「あらが食堂」さん

ご飯の炊き加減も好み。ご飯がうまい。ちょっと塩かけて食っても旨いご飯だ。どこか癒される古河の町食堂。気持ちの良い店主と女将さん。なんかこういう暮らしに憧れてしまう、人の気持ちが通う食堂なのでございます。「あらが食堂」さん。
タイトルとURLをコピーしました