風来坊

町食堂

昭和な雰囲気が残る洋食屋さん「菱富」さん

ランチがあるのもうれしい。浦和にはたくさんの飲食店があるが個人店派の自分としてはこういうお店が好きだったりする。「菱富」さん。
ミニ湯治ワーケーション

ミニ湯治体験。鳴子温泉東多賀の湯さん

泉質は含硫黄-ナトリウムカルシウム硫酸塩泉。温泉水1kg中に溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンの温泉であることが基準のようだ。いわゆる傷の湯に硫黄まで含まれているという豪華な泉質。
埼玉県

上品なカツカレーだよね「天馬 浦和店」さん

辛口感はそれほどでもなくルーがとてもまろやか。カツは普通の厚み脂少なめなトンカツを使用している。自分好みの地方の爆盛り食堂とは違い常識的な上品な量でまろやかなカツカレーだ。「天馬 浦和店」さん。
埼玉県

南越谷ゴールデン街で鶏の唐揚げ定食を食う「鳥の王様 新越谷店」さん

ちょっと脂感は残るが肉質も柔らかく衣はサクッと上がっている。マヨネーズもついてくるしご飯がすすむ唐揚げだ。「鳥の王様 新越谷店」さん。
町中華

これぞ町中華のチャーハンの王道「中華の永楽」さん

グリーンピースがのるチャーハンは好きだ。具合は玉子、チャーシュー、ネギ、ナルトが入りまさに王道のチャーハンが楽しめる。「中華の永楽」さん。
町中華

どれもとても優しい味付けだ。「孝華飯店(コウカハンテン)」さん

ランチメニューはセットメニューとなる。夜のグランドメニューはまた別で中華の一品料理があるとのこと。五目チャーハンを単品で注文した。「孝華飯店(コウカハンテン)」さん。
町食堂

スパイシーさはないが濃厚な複雑な味が楽しめる「珈琲といんどかれーの店 たんぽぽ」さん

ジャンボカツカレーを注文した。揚げたてアツアツでサクサクな衣と中は肉厚な豚肉。脂少なめな柔らか肉質。「珈琲といんどかれーの店 たんぽぽ」さん。
埼玉県

麺もスープもガツンと来ないので食べやすいつけ麺だ。「舎鈴 久喜店」さん

つけ汁も煮干し感がぐわ~っとくる感じではない。割とあっさりとした感じだがちゃんとつけ汁としての役割は果たしている。麺もスープもガツンと来ないので食べやすいつけ麺だ。「舎鈴 久喜店」さん。
町食堂

五目かた焼きそばをツマミに一杯やる。「中華料理五十番」さん

味濃いめでつまみにピッタリな五目かた焼きそばだ。盛りも良く満腹になる。もうちょっと餡をかけてほしかったなあ。海老名のマダムが集う中華風の中華飯店だ。「中華料理五十番」さん。
ラーメン

コクがあるがあっさりめのスープ。「麺屋だんとつ」さん

炙りチャー丼は味が濃い目のホロホロトロトロのチャーシューがのりご飯がすすむ。隣で餃子を食べている方がいたのでちょっと見てみると佐野の餃子らしくデカイ。「麺屋だんとつ」さん。
タイトルとURLをコピーしました